タロット占いは多くの方に親しまれている占いの一つです

タロット占いは多くの方に親しまれている占いの一つです

タロットカードのやり方は専用のタロットカードを準備しつつ、タロットクロスを敷いたりすることになり、その後に占いができる環境となったため、鑑定をしていくことになります。

基本的にはタロットカードは78枚あるため、タロットクロスが敷いてある場所に崩すような感じで並べていき、時計回りに直径50cmを目安に円を描くようにシャッフルしていき、占いたい内容をイメージしながらカードを混ぜていきます。

その後にタロットクロスの上にまとまったカードの山をトランプのカードを切るような感覚でカットしていき、カードを3分割に並べ、真ん中・左・右の順でカードを重ねていき一つの山に戻します。

ここの時点で鑑定をするための準備が完了となる形となっています。

鑑定方法にはワンオラクル、ツーオラクル、スリーカード、シンプルクロスといった方法があったりするため、細かな詳細はインターネットを使って情報を見たりすることをおすすめします。

タロットカードの歴史に関しては古くは古代エジプト・ユダヤの文明があるころからとなっていて、細かな時代はまだ明確にはされておりませんが、かなり古くからある占いの一つとしては知られています。

タロットカードが使われ占いが行われ始めたのが13世紀の頃からであり、15世紀には複数の国々でタロット占いが利用され、様々なことを鑑定されていたとされています。

16世紀から18世紀にかけては色々なタロットカードが登場したり、占い師の方々も増えていき、独特な方法で鑑定をする占い師の人も登場していたりします。

19世紀には今と似た方法でタロットカードが使われ鑑定とかが行われてきていて、20世紀になってからは世界的にもタロットカードを使った占いが親しまれています。

この占術でどういったことが占えるのかについては対人関係、相性、人の気持ち、恋愛全般、総合運、仕事運、金運、家族、子供、将来、健康運、離婚、復縁関係などにっているため、多種多様のニーズに応えることができ、後押しするようなアドバイスや提案とかもできるのが良いところとなっています。

占いをする方によっては対応できる種類が限られてしまう場合もあるけど、多くの方のニーズに応えられるのがタロットカードを使った占術となっております。

タイトルとURLをコピーしました